立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ポケモンGOもいいけど、立川人なら「BONZE」GO(後編)

大ブームのポケモンGOにあやかって始めたこの企画、「BONZE」GO

前編では7カ所で約18体のBONZEアートをGETしましたが、マップによるとまだ10カ所残っています。

とりあえずこの辺でお昼にしようと北口ビッグカメラ裏の通りを歩いていると、通りすがったビルの一角に、何か感じる…。

BONZE_GO_38

これは!

思いもよらぬところで後編最初のBONZEアートをGETです!

BONZE_GO_39

しかし、よくこんなところで見付けたなあと我ながら感心。

BONZEアートを察知するセンサーの感度がかなり研ぎ澄まされてきたようです。(笑)

細かな場所は内緒にしておくので、あなたもぜひ探してみてください♪

BONZE_GO_40

お昼を食べたら、少し駅方面に戻ります。

マップによると北口周辺に「立川の笛吹き」という作品があるとのこと。

確かにこの辺で見たことある気がする…と思いながら、どこにあったのか思い出せずに歩いていると、ドラッグストアの2階に発見!

BONZEアートはことごとく少し意外なところにあります。

BONZE_GO_43

BONZE_GO_42

さらに、ビルのテナント案内までBONZEアートになっていたとは、今回初めて気が付きました。

BONZE_GO_41

お次は「クラリネットを吹く男」を探しに南口へ。

マップによると、近くに居酒屋の庄屋や「P(駐車場)」があるとのこと。

このマップ、あまり詳しく書かれていないのがミソ。

余計に「見付けたい!」という気持ちに火が付きます。

それにしてもこの作品はかなりの難易度…いくら探しても見付かりません。

炎天下の中、何度も同じ通りを歩きながら諦めかけたそのとき、とある建物の入り口に発見!

BONZE_GO_44

BONZE_GO_45

これは今回の企画の中で最も手強かったです。

場所のヒントをひとつだけ…庄屋からは少し離れます。

思わぬタイムロスをしてしまったので、ここからは少しペースを上げていきます。

村野醸造所の入り口には「醤油をつくる人」。

樽を担ぐ凛とした姿が、なんとも粋でかっこいいですね。

BONZE_GO_36

BONZE_GO_37

村野醸造所から一気に北上し、高松町へ。

立川第五小学校の校庭でランドセルを背負った少女の作品をGET!

BONZE_GO_46

続けて松永建設の屋根の上で、BONZEアートとしては少し意外な、龍をモチーフにした作品「飛龍」をGET。

BONZE_GO_49

しかも、松永建設のほど近くに、「BONZE」こと赤川政由さんの自宅兼工房も発見しました。

こちらもぜひ今度お邪魔してみたいです…。

BONZE_GO_48

BONZE_GO_47

さらに北上して玉川上水駅を目指します。

暑さにクラクラしながら自転車を走らせ、「モノレールOKにするべきだった…」と若干後悔しつつ、15分ほどで到着。

頑張った筆者を歓迎するかのように、玉川上水駅の作品「太陽の子」はとても分かりやすい場所に佇んでいてくれました。

BONZE_GO_51

BONZE_GO_52

BONZE_GO_53

ここまでで後編では7カ所7体のBONZEアートをGETしました。

それに加えて、先日お邪魔したLaLaLaでも2体GET済み。

BONZE_GO_34

BONZE_GO_35

あまりの暑さに、玉川上水の緑と水を眺めながら、しばし今回の旅を回想…。

BONZE_GO_50

実はまだ、立川南「鳥と会話する少女」と昭和記念公園内「大きなケヤキとカワセミとセロ弾き」の2体をGETできていないのですが、日も落ちてきてしまったので、とても悔しいですが今回の旅はこれにて終了とさせていただくことにしました!涙

前編後編あわせて、15カ所27体のBONZE作品を拝見しましたが、どの作品も街の景観に溶け込み、ひっそりと佇む存在感になんとも言えない愛おしさを感じました。

そしてまさか、そんな素晴らしいBONZE作品が、筆者の自宅のすぐ近所にある普済寺に12体もあったとは…。

BONZE_GO_3

BONZE_GO_8

BONZE GOの旅で、この街をさらに知ることができたと思います。

というわけでこの企画、編集部としてはかなり充実した旅でしたが、ただのレポートでは終わりません。

特別企画として、編集部がGETできなかった2体も含めた立川市内のBONZE作品を全てGETすると、なんと「BONZE」こと赤川政由さんが手書きした世界でひとつのTシャツを“本当に”GETできます!

方法は以下の通り。

①アートスペース「LaLaLa」で店長のしおみさんから「BONZE WORKS MAP」が掲載されたチラシを受け取る

②マップをもとにBONZE作品を巡り、作品を写真に収める

③LaLaLaに戻ってしおみさんに写真を誇らしげに見せる

OKが出たら、しおみさんが赤川さんに直接依頼をしてくださいます。

徐々に暑さが落ち着き始めたこれからの季節、立川の散歩を楽しみながら、ぜひぜひ挑戦してみてくださいね♪

●artistic studio LaLaLa

住所:立川市柴崎町4-3-2 LaLaLa
電話番号:090-2564-3198

文・写真:しも
長野県安曇野市出身、立川在住のフリーライター。レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。
KaRaLi:FacebookKaRaLi

Share (facebook)