立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川新聞編集部が食す「愛しの立川カレーパン」(Vol.3)

おかげさまで大好評のこの企画。

まだ第3弾ですが、取材しながらカレーパンの奥深い世界にのめり込んでいくのを感じている編集部です。

今回紹介するのはこちらです。

Sesto/スペッツェカレー(税込260円)

今年立川駅グランデュオにオープンしたベーカリーカフェ、Sesto(セスト)は、中目黒の人気ブーランジュリー「トラスパレンテ」がプロデュースするお店。

curry03_SESTO_9

ウッドを基調としたカフェ併設のオシャレな店内で販売されるパンは、一品一品が芸術的なまでに美しく、洗練されたメニューが豊富に揃っています。

curry03_SESTO_2

curry03_SESTO_3

curry03_SESTO_7

curry03_SESTO_5

トラスパレンテで販売されている定番メニューだけでなく、立川野菜を使用した同店オリジナルメニューが味わえるのも嬉しいですね。

curry03_SESTO_8

さらに、テーブルウェアや雑貨などのセレクト商品も充実。

センスの良い品は、見ているだけで心が弾みます。

curry03_SESTO_4

curry03_SESTO_1

curry03_SESTO_10

こちらで販売されているカレーパン「スペッツェカレー」は、値段も240円とリッチな一品。

丸いフォルムと、上からカレーがチラリと覗くオシャレな見た目も印象的です。

curry03_SESTO_11

割ってみるとこの通り。

curry03_SESTO_12

パンはカンパーニュ生地を使っているようで、食べ応えがあって、噛むほどに麦の味わいが口の中に広がります。

カレーにはニンジンやジャガイモなどの野菜とともに、ビーフがゴロっと入っていて、かなりの存在感。

麦の香りとスパイスの程よい辛さ、トマトの酸味、野菜とビーフの旨味が口の中でマリアージュする、贅沢な一品でした。

3時のおやつに食べたい庶民派のカレーパンとはひと味違い、赤ワインのおともとしてもオススメ。

店内のカフェスペースではスープなども販売されているので、グランデュオでお買い物の際はぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

セスト グランデュオ立川店
住所:東京都立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ立川1F
電話番号: 042-540-2235
営業時間: 10時00分~21時00分
定休日     : グランデュオ立川に準ずる

文・写真:しも
長野県安曇野市出身、立川在住のフリーライター。レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。
KaRaLi:FacebookKaRaLi

Share (facebook)