立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川新聞編集部が食す「愛しの立川カレーパン」(Vol.4)

すっかり秋らしくなり、パンとスープが恋しい季節になってきましたね。

早くも第4弾を迎えるこの企画。今回紹介するのはこちらのカレーパンです。

むぎこ製パン所/カレーパン(税込200円)

2015年7月富士見町にオープンしたむぎこ製パン所。

江戸街道の「富士見町四丁目」信号交差点角の小さな店舗で、山田さんご夫婦が営んでいます。

curry04_mugikoseipan_2

店名からイメージできる通り、麦の素材を活かした味わい豊かなパンが“粉モノファン”の間で話題を集める隠れた名店。

つい素通りしてしまいそうな控えめな店構えも、なんとも言えず愛おしいですね。

curry04_mugikoseipan_3

curry04_mugikoseipan_1

お昼時にお邪魔すると、ショーケースには20種類以上のパンが並んでいました。

総菜パンやスイーツパンは、どれも素材の良さを活かした王道でシンプルなメニューです。

curry04_mugikoseipan_5

curry04_mugikoseipan_9

curry04_mugikoseipan_4

curry04_mugikoseipan_7

curry04_mugikoseipan_6

そして、こちらで販売されているカレーパンは、食パンの生地を使った一品。

curry04_mugikoseipan_10

コロンと丸いフォルムで、パンはふんわりとやわらかです。

割ってみると中はこんな感じ。

curry04_mugikoseipan_12

ジャガイモやニンジンなどの野菜がゴロゴロ入っています。

カレーの色は、茶褐色というよりもイエロー。

ふんわり&しっとり食感のパンと、野菜の旨みを感じるマイルドなカレーがマッチして、とっても優しいお味です。

お子さんでも食べられるカレーパンを目指し、スパイスの量はほんのり香る程度にしているとのこと。

それがこの薄い色というわけですね。

油で揚げずに焼いているので、後味もサッパリ。

「スパイシー」「スナック感覚」といった一般的なカレーパンのイメージを覆す一品でした。

お店で山田さんご夫婦の丁寧な接客に触れてカレーパンをいただけば、「料理の味には作り手の人柄がにじみ出るんだな。」と実感できることでしょう。

西立川方面に訪れる際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

むぎこ製パン所
住所:東京都立川市富士見町1-6-4
電話番号: 042-512-7901
営業時間: 11時00分~18時00分
定休日     : 第1・第3・第5月曜日/日曜日

文・写真:しも
長野県安曇野市出身、立川在住のフリーライター。レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。
KaRaLi:FacebookKaRaLi

Share (facebook)