立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

Tachikawa Photo Essay「シジミチョウの星屑 / BUTTERFLY COMET」

立川で撮影した写真と短編のエッセイで綴る「Tachikawa Photo Essay」

10月のPhoto essayは入社し入学したものの、顔の見えない幻を相手に戸惑う若い人。就活に身を置きつつ明日の見えない学生。降りたシャッターのカーテンを見ながら通う通勤時間に通学路。そんな、捉え所のない不安を抱えた方達を励ますメッセージとなってます。


 

Tachikawa Photo Essay「シジミチョウの星屑 / BUTTERFLY COMET」

 

夏を送った遠い彼方に想う

octorber20190923-L1070604

堕煙に燻された九月を見過ごし 華やいだ街を外れれば
すべての友よ、切なくも笑みをはじく道端の星屑であれ

octorber20191002-L1070738

目に見えぬうずきを伴ったとしても、野にたたずむ花には群棲する友がある
すみれ色の小さなチョウは訪れ、ミツバチが遊びに来て金色の星屑を撒く

octorber12045256_842864159160130_85294809423570774_o

だから私も約束しよう
あこがれに煌めく大輪より、静かに営む命には何にも勝る幸せが咲くだろう

octorber20151007-DSC_9366

筆者プロフィール
おおつきみつあき

文筆家、イラストレーター

小さくも元気よく舞うシジミチョウを、普通の人の営みと重ねて俯瞰したessay。
困難な状況でも元気よく日々の営みを大切にという想いが伝わってきます。


 

10月は夜空が素敵な季節。

中秋の名月に流星群。
10月8日頃りゅう座流星群、10月21日頃オリオン座流星群。
ふと夜空を見あげると星の煌めき。
とてつもなく広く、悩んでいる事は小さなこと。そんな気持ちにしてくれます。

48年前10月9日。
「ジャコビニ彗星の日」
少しづつ恋人と疎遠になっていくことを、だんだんと『日常』として受け入れ始めている。
そして48年後の10月。いろんなことを日常として受け入れていく。どこか共感できる部分があるなぁと。

OCTOBER SONG 「ジャコビニ彗星の日」

夜のFMからニュースを流しながら
部屋の灯り消して窓辺に椅子を運ぶ
小さなオペラグラスじっとのぞいたけど
月をすべる雲と柿の木揺れてただけ

72年10月9日
あなたの電話が少ないことに慣れてく
私はひとりぼんやり待った
遠くよこぎる流星群

それはただどうでもいいことだったのに
空に近い場所へでかけていきたかった
いつか手をひかれて川原で見た花火
夢はつかの間だと自分に言いきかせて

シベリアからも見えなかったよと
翌朝弟が新聞ひろげつぶやく

淋しくなればまた来るかしら
光る尾をひく流星群

(作詞:松任谷由実)

文・写真:Yuji Toda
立川新聞編集長/カメラマン
https://www.yujitoda.com/
立川CAMERA

Tachikawa Photo Essay「雨のステイション」
Tachikawa Photo Essay「コロナの落とし物」

Share (facebook)

立川マップ

立川新聞内で特集された情報を紹介しています。