立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

えっ!立川って、「まち全体が美術館」知ってました?

暖かくなってきましたね。

春がすぐそばまで来てる感じです。

編集部もあまりに天気がいいので、ついつい、立川の街をぶらりとしてみました~

みんさんはお気づきだとは思いますが…

立川の街にはアート&オブジェがいたるところにあるんです。

立川駅北口デッキの上にも

伊勢丹のそばにも

モノレール立川北駅そばにも

じつは、立川市では「魅力あふれるまちづくり」の一環として

「まち全体が美術館」構想の具現化に取組んでいるそうです。

そのなかでも、

「ファーレ立川アート」は世界的にも知られるパブリックアートなんですって。

そこでいくつか「ファーレ立川アート」をご紹介します。

高島屋の裏にはアフリカの人々が勢揃い!

ポルトガルの芸術家の作品だそうです。

よいしょっ! と

思わず座ってしまいます

あっその前にスリッパに履き替えて!

んっ?

黄色~い!

立川のアートの象徴。パブリックアートがここファーレ立川に109作品あるそうです。

また、つまらぬ物を切ってしまった…

石川五右衛門が切ったんでしょうか?

あの~ バック忘れ物ですよ~

ファーレ立川のアートは、立川を森にみたてて、
森に息づく小さな生命(妖精)をアートととらえるものだそうです。

ヘビの妖精?

わん!

どんな芽がでるのでしょう?

ちょっとしたデッドスペースにアートが点在しています。

キャプション等の説明はなく、直接アートを感じ、探して楽しむ事ができますよ。

アートの一部をご紹介しましたが、おもしろいアートがまだまだあります。

4月10日にオープンするIKEA立川へのルートでもあるので、アートをみてIKEAに向かうのはいかがでしょう?

立川アートの詳細は「立川アートコレクション」で紹介されてます。

立川アートコレクション

「ファーレ倶楽部」によるガイドも実施しているそうです。
Tel:042-535-1396」

Share (facebook)