立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川南口DEランチ-編集部おすすめの親子丼!|フレンチと炭火料理とワインのお店「V.V.ビビ立川本店」。お腹も心も暖かくなるんです。

ぐつついた天気が続きますが、少しずつ夏から秋へ。秋といえば芸術にスポーツ、読書の秋と「○○の秋」が他の季節に比べ何故か多いですよね。なぜ?それは良しとして、編集部は断然「食欲の秋」

そんな「食欲の秋」に相応しいお店のご紹介です。昨年12月にオープンした隠れ家的なお店「V.V.ビビ立川本店」

編集部がこちらのお店を知ったきっかけは、ふと訪れたランチメニューの親子丼。

出会いはーーーー”OYAKO Do–―N”
※中森明菜のスローモーション風に

こちらがメインの親子丼。どうですか?この存在感!

v.v.tachikawa20160903-DSC_5639

炭火焼した鶏の香ばしさに、たまごとだしがご飯に絡み、ほんと美味しかったぁーーー

v.v.tachikawa20160608-DSC_4313

はじめて来店してから、夜のメニューもいただかないと記事にできないなぁ~と、写真は撮っているんですが、どうしても飲むと取材をしてなかったり・・・

編集部はこういうのよくあるんですよ。よーしここはしっかり記事にするぞ!再びランチへ。

親子丼ランチは親子丼と2品付きで1,000円

季節の旬のアミューズでランチがはじまります。この日は北海道産とうもろこしのアミューズでした。これがですね~~ えっ?1000円ランチで味わえるの?って驚きのインパクト!

v.v.tachikawa20160903-DSC_5621

お次はボリューム満点の生ハムのサラダ!ちょっとしたランチコースですよ。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5624

そしてそして、炭火親子丼の登場。
炭火で香ばしく炙って鶏肉に4時間煮込んだ鶏出汁のたれと卵の優しい味。富山県産のコシヒカリのご飯はなんと大盛無料!お腹がすいた時には嬉しいじゃないですか!

v.v.tachikawa20160903-DSC_5629

立川新聞
ごちそうさま!美味しかったです!これで1000円はコスパ最高ですね。夜も来たくなりますね。ところでお店の名前の「V.V.」ってどういう意味なんですか?

編集部のおすすめポイント
じつは、何度か来店した際にお話を伺ったので、これまで取材した情報のまとめです。

V.V.ビビ立川本店さんは”間さんご夫婦”のお店なんです。旦那さんが料理長で奥さんがソムリエとパン・デザート担当。
料理長はフランスに渡りフレンチのの修行後、帝国ホテルのフレンチや炭を使った料理がしたかったので、炭を扱う和食のお店で修行したシェフ。奥さんはフレンチのお店で10年の経験を積んだソムリエ兼パン・デザート担当。ご本人達は意識していないと思うのですが、奥様がオーダーを通して、旦那さんが受ける、この何気ない言葉のやり取り、ご夫婦の醸し出すとってもフレンドリーな雰囲気、夫婦仲の良さがなんとも心地よい暖かさが感じられるんです。

間さん奥さん
ありがとうございます。V.V.はフランス語で”Viande et Vin”お肉とワインという意味と古いブドウの木から作ったワインという意味もあるんですよ。

立川新聞
なるほど。V.V.
は優しい顔文字かと?(笑)

v.v.tachikawa20160608-DSC_4332

立川新聞
そういえば、箸置きや器とかもひとつひとつ個性的ですよね。

間さん奥さん
ありがとうございます。自分が学生のとき陶芸をやっていて、その時の付き合いで常滑焼の窯元から、箸置きやお皿、珈琲カップやお猪口を作ってもらったり、お店で使っているのは常滑焼なんですよ。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5660

常滑焼でいただいた珈琲、手にした時どこか違う味わいがしたような気がします。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5681

もうひとつ、V.V.さんのテーブルや木の器は立川の家具職人・小田さんが手がけているとか。ご夫婦のお店作りのこだわりがひとつひとつ感じられます。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5669

ランチの親子丼がきっかけとなり、夜のV.V.さんへ。木のテーブルを照らす灯りがほどよく柔らかい雰囲気です。
v.v.tachikawa20160903-DSC_5696

この日は大勢でしたので、なんともボリューム感のある前菜の盛り合わせ。自家製テリーヌ・ピクルスや白レバームースetc、ご紹介した木の器の大皿でいただきました。どれもお酒が進んじゃいますよ。

v.v.tachikawa20160803-20160803-DSC_5034

「天使の海老のカダイフ巻き揚げ」カリカリ食感の衣と、海老とバターソースが絶品。必ず頼みたい一品です。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5685

基本フレンチですがラザニアも人気の一品です。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5686

炭とワインというだけあってやはり炭火焼はいただきますよね。間さんに相談してこの日は牛ハラミで。お肉はもちろん、付け合わせの野菜も炭で炙ったのか、甘くて美味しかったですよ。しめにはランチの炭火親子丼ももちろんあり!編集部はランチに親子丼、しめに親子丼なんて日もありました。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5688

今回ご紹介した「V.V.ビビ立川本店」いかがでしたか?ワインもご紹介したかったのですが、素人の編集部が紹介するより、ソムリエの奥さんにワインの好みを相談してみてくださいね。
隠れ家的なお店なのですが、誰かを連れていきたくなるお店です。隠れ家じゃなくなっちゃいますが・・・どこかぬくもりを感じたい時、間夫妻のワインと料理と笑顔で癒される。これからの季節、いいかもしれませんね。

v.v.tachikawa20160903-DSC_5649

炭とワイン V.V.立川本店

住所:立川市錦町2丁目3-31伊藤ビル1F
TEL:042-519-3995
Facebook:https://www.facebook.com/v.v.tachikawa/
【営業時間】ランチ:11時30分~13時30分 ディナー17時~23時※炭火料理LO21時まで。

Share (facebook)