立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川の小学校レポート/地域の方と力を合わせ小学生が学校の歴史を振り返るイベントを開催!有名ミュージシャンとの活動も?

早いもので暦の上では春なんですね。
例年より暖かいので春の訪れも早くなりそうな予感。
東京オリンピック開催まであと170日をきり、夏が待ち遠しい編集部。

そんな歴史の1ページとなる2020年。

立川第六小学校の先生から取材の依頼があり、とても興味深い行事だったので取材に行ってきました。

それが「六小歴史フェスティバル」

6primaryschool20200110-DSC_6057

2020年は東京オリンピック、そして創立七十周年を迎える六小、この記念となる2020年に、最高学年になる小学5年生が「総合的な学習の時間」でスペシャルな年に何か思い出になることをしよう!と、昨年の6月から皆で意見を出し合い地域のみんなが楽しめるものとして企画したのが「六小歴史フェステバル」。

自分たちが通う小学校の歴史について、親やおじいちゃん、おばあちゃん、地域の方から情報を集めて企画し、地域の方を招いて学校公開日にお披露目しました。

展示物の制作から、受付、展示の説明、ゲームの進行などすべて小学5年生で行い、体育館には保護者や地域の方が大勢訪れてました。

6primaryschool20200110-DSC_6044

会場内には5年生たちの歩み・ストーリーが展示されていて、まず、5年生(46人)が二つ情報を集めれば96、じゃあ「100」の情報を集めよう!と動き出し、情報がなかなか集まらないので、羽衣町のお店にアンケートボックスを置かせてもらったり、106の情報を集めることができたそう。

6primaryschool20200110-DSC_6047

6primaryschool20200110-DSC_6050

集まった情報は、立川で初めて作られたプール、かつて校庭に土俵があったこと等、その情報をもとに昔の六小の写真を集め説明を加えて展示したり、歴代の校長先生を紹介したり、子供たちにとっては新たな知識となり、大人たちは懐かしい思い出。

6primaryschool20200110-DSC_6039

実際、地域の大先輩の方が「わたしのいた頃の六小」を教室でお話ししてくれたこともあり、年の差を超えたコミュニケーションの実現にもなったそうで、素晴らしい時間になったことでしょう。

例えば、「学校でお泊り会があって楽しみだった」、「男の子はみんな坊主頭」、「6年間クラス替え無し」「一クラス58人」「学校でキャンプファイヤーをしていた」等々。

6primaryschool20200110-DSC_6059

子どもたちに人生の先輩である地域の方が、その地域の出来事を教室で伝えていく。
こういう事で地域を知り、地域愛に繋がっていく、とても大切な事だなとつくづく感じますね。

6primaryschool20200110-DSC_6060

集めた情報の中に「TM NETWORK」の木根尚登さんが六小出身という情報があり、木根さんに手紙を書いたところ、返事が送られてきたのです。

その手紙とビデオメッセージも公開されてました。

その手紙には
「僕にとって立川第六小学校は人生の原点です。」

からはじまり、

「僕たちTMNETWORKは東京ドームが出来た年にコンサートをしました。六小からはじまった僕の人生は六小の同級生と一緒に東京ドームのステージに挙がりました。夢は叶うんです。そして友達は財産です。」

一部紹介ししましたが、とても素敵なお手紙でした。
子どもたちはもちろん、親の世代にはたまらないメッセージではないでしょうか。
木根さんと子どもたちには70周年に向けた構想があるそうで、どんなものになるのか今から楽しみです。

6primaryschool20200110-DSC_6028

展示品の中には細かく再現された創立当時と今の六小を比べる手作りのジオラマも展示されていて、今や都会の立川の小学校も昔は校庭の真ん中に木があったり、田園風景に囲まれた小学校だったのかと気づかされました。

6primaryschool20200110-DSC_6043

今回、取材の依頼をいただいた担当教諭の奥秋先生にお話しを伺いました。

立川新聞
子どもたちが情報を集め、学校の歴史をわかりやすく、楽しめるように工夫して形にするってとても感心しました。

奥秋先生
「子どもたちは本番に向けアイデアを出したり、自主的にものを作ったりと一生懸命に頑張りましたね。地域の皆さんのおかげで情報が集まったので、感謝の気持ちを伝えたい事と、来てくれた方が楽しめるイベントにしたいと生徒も自分たちも楽しんで取り組んできました」

立川新聞
いやーほんと素晴らしい企画ですし、大人も楽しめる内容ですね。今後はTMNETWORKの木根さんとの動きもあるとか?

奥秋先生
「そうですね。70周年の年に6年生。東京オリンピックの年に6年生。そんな記念すべき年に卒業していく子供たちと、木根さんとの想いが形になればと思っております。是非また取材してくださいね」

6primaryschoolL1071180

イベントの最後は、昔、学校に土俵があったとの情報で、武蔵村山の小学校から借りた土俵で相撲大会。

1年生から6年生まで各学年の代表による対戦。

おせーーーー

いけーーーー

がんばれーーーー

6primaryschool20200110-DSC_6194

体育館に集まった子供も大人も身を乗り出しておお盛り上がり!

6primaryschool20200110-DSC_6234

今回取材した立川第六小学校の5年生は東京都から表彰を受けたこともある子供たち。2017~2018年に銭湯の魅力をPRするポスターや手ぬぐいなどを作ったり、銭湯で入浴する体験や銭湯絵の描き方を学んだり、銭湯をとおして地域との繋がりを深めてきた5年生。

2020年、グリーンスプリングスオープンを機にますます賑わう街になっていく立川。今回の取材で立川の日常はほっこりする出来事があり、そんな日常を記録していきたいと思った編集部でした。

6年生になりTMNETWORKの木根さんとの活動がどうなっていくのか。今後も取材していきますのでお楽しみに。

6primaryschoolL1071169

Share (facebook)

立川マップ

立川新聞内で特集された情報を紹介しています。