立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

四角いアップルパイには地元愛がたっぷり♪青果問屋がオープンした「Adam’s awesome PIE」

立川北のサンサンロード沿いに今年完成したコトブキヤビル。

気になるお店が多く出店する中、2階でひと際オシャレな雰囲気を漂わせるのが「Adam’s awesome PIE(アダムス オウサム パイ)」です。

adams-pie-13

広々とした店内は、フレッシュな青リンゴを想起させるミントグリーンの壁色と、木箱を“リンゴの木”に見立てて組み上げたオブジェが印象的。

さらにテーブルの上には小さなリンゴの木が飾られていたりと、とにかくリンゴ尽くしです。

adams-pie-7

adams-pie-21

adams-pie-19

リンゴにこだわる理由は、人と、街のルーツにあります。

店長の根津さんは、長野県からはじめて立川にリンゴを卸した、老舗の青果問屋「株式会社根津」の三代目。

そのため、子どもの頃からリンゴはとても身近で愛おしい存在だったそうです。

確かにこの甘酸っぱい素敵な笑顔、リンゴに似ているかも?

adams-pie-38

また、街の歴史を紐解くと、かつて立川にアメリカ軍の基地があった頃、この場所の住所は「カリフォルニア」だったそうです。

そしてカリフォルニアのことを調べてみると、ジュリアンという田舎町がアップルパイで町おこしをしていたという事実を知ることに。

不思議な縁を感じた根津さんは、ジュリアンのようにリンゴで立川を元気にしたいと思い、このお店が誕生しました。

adams-pie-6看板商品はアップルパイ。

リンゴを運ぶ木箱をイメージした四角い形が印象的です。

adams-pie-4

使用する品種は時期によって変わり、そのときに旬のものを選ぶそうです。

ひと口食べると、クランブルのサクサク食感とシナモンの香り、そしてリンゴのフレッシュな味わいが口の中でマリアージュ♪

アップルパイには甘く煮たリンゴを使うのが一般的ですが、このお店では果物本来の酸味や甘みを楽しめるように、そのままオーブンで焼き上げているそうです。

adams-pie-23

アップルパイの他にも、スイーツパイやお食事パイ、ロティサリーチキンやハンバーガーなど、豊富なメニューがあるので、ランチやディナー、カフェタイムも楽しめます。

adams-pie-25

adams-pie-43

adams-pie-44

adams-pie-16

adams-pie-17

編集部のオススメはサラダバー!

地元の新鮮な野菜をふんだんに使った数種類のサラダをお腹いっぱいいただけます♪

adams-pie-32

サラダと言っても、マリネやソテーなど、さまざまな調理方法で提供されるので、飽きることなく、箸が止まりません。

adams-pie-12

adams-pie-37

adams-pie-35

adams-pie-36

adams-pie-10

adams-pie-34

adams-pie-9

オシャレなお店と看板メニューのアップルパイ。

「NY発の黒船グルメが立川上陸?」と思いきや、地元愛が溢れる立川発のお店でした♪

今の季節、ディナータイムにはサンサンロードのイルミネーションも一緒に楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

adams-pie-45

adams-pie-41

Adam’s awesome PIE(アダムス オウサム パイ)
住所:東京都立川市緑町4-5 コトブキヤビル201
電話番号: 042-595-8375
営業時間: 月~日、祝日、祝前日: 11時30分~22時 (料理L.O. 21時 ドリンクL.O. 21時)
ホームページ:https://adamsawesomepie.owst.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/adamsawesomepie/

文・写真:しも
長野県安曇野市出身、立川在住のフリーライター。レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。
KaRaLi:FacebookKaRaLi

Share (facebook)