立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

フロム中武さんの「立川名物キャッチコピー」がみれるのもあとちょっと。「立川はこれからも大丈夫!」ですよね?

もう皆さんご存じだと思いますが、立川LOVEのフロム中武さん。リニューアルのため4月末でいったん閉店します。

フロム中武さんといえばなんといってもキャッチコピー!ですよね。

こちらがリニューアル前の最後のキャッチコピー

『これからも立川は、大丈夫!』

10年ぐらい続く立川に掛けたキャッチコピー!

元気をもらったらり、立川LOVEになった人も多いんじゃないでしょうか。

個人的に好きなのがこちらの創業50周年のこちら

『創業50周年記念につき・・・駆け込み歓迎!』

このおばさんの着てるタンクトップには『50LOVE』

50周年とこちらのおばさんの年齢にかけたんですね。

芸が細かすぎます!

フロム中武さんの事務所には歴代のキャッチコピーがずらりと飾られてます。こちらのコピー、じつは社長さんのアイディアなんですって。それをベースに会議を経てコピーが決まるそうです。

正義? 立川の味方!
立川は、大丈夫。
立川は、力持ち!?
立川は、喝(勝つ)!
立川ばっかり!
立川はやる(流行る)気まんまん!
立川づけ。
立川には、僕がいる。
立川に恋(来い)。
立川HOLIC!
立川的旬感瞬間
立川?俺にまかせろ!!etc

どれが印象的でしたか?どれも立川愛を感じますね~

キャッチコピーのTシャツも販売してるので、立川LOVEの方ぜひ着てみましょう!編集部も買ってみます!立川の味方にしてみようかな。

そんなフロム中武さん。

「中武デパート」として1962年創業。どうですかこの重厚感!

前回の東京オリンピックの前じゃないですか。

半世紀以上もの間、立川のシンボリック的な存在ねんですね。

その後1984年に全面リニューアルに伴い「中武デパート」から「フロム中武」に。アニメやフィギュア、ファッション、駄菓子屋、コイン古切手、ダンス衣装ectサブカルチャーの発信地として一線を画してきたフロム中武さん。

前回改装から31年が経過し、耐震工事と設備の老朽化のため、全店リニューアルを決定したそうです。来春のリニューアルオープン後、キャッチコピーがどうなるかはまだわからいそうですが、ぜひキャッチコピーを続けてもらいですね!編集部が勝手に考えたリニューアルオープンのキャッチコピー「YOUは何しに立川へ?FROM中武へ」・・・

もうひとつ。

フロム中武さんの屋上と言えば「国立川(こくりつかわ)」として聖地になっているのをご存知ですか?あのももいろクローバーが、「国立競技場」でコンサートをすることを夢みて、「国立」と「立川」をかけあわせた「国立川」。屋上に花道やサブステージを設けてライブを行ったそうです。その時のライブの様子がこちら。

それから3年後の国立競技場が取り壊される2014年3月。国立ライブを実現したももクロ。まさに国立川ドリーム!

そして、今週末3月21日、22日に「第3回ももクロ文化祭inフロム中武」がおこなわれます。ももクロ文化祭はファン有志によるファンイベントですので入場料は無料。ワークショップもあるそうですよ。ファンのみなさんにとって最後の国立川、必見ですね。

最後に4階にある人気店「はしや」さん。立川のスパゲッテイ文化の老舗です。

ここフロム中武のお店は南口のハシヤさんにはない生スパゲッテイやリングイネ、ペンネなど6種類の麺が選べるんです。閉店後は南口で提供の予定がないようですので、こちらの麺が食べれるのも4月いっぱいになりそうです。生スパゲッテイのもちもち感がたまりません。

4月30日の閉店まであとひと月ちょっと、全館売り尽くしセール中ですので、立川のサブカルチャーを感じにフロム中武さんに一度は訪れてみましょう。立川はこれからも大丈夫ですよね?

フロム中武

〒190-0012 東京都立川市曙町2-11-2
Tel: 042-524-7111(代表)
営業時間:午前10時~午後8時

Share (facebook)