立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川南口にビールも飲めるBARの様なBERBER「KINGSMAN TOKYO 立川店」

2月も残り数日。
もう春のはじまりですね。
今年は暖冬で桜の開花も例年より早くなるそうです。

春といえば新生活がはじまる季節。
卒業、入学、就職と心機一転、自分のイメージを一新したい!という方も多いんじゃないでしょうか。

そんな時、女性の方はイメージを膨らませて美容院を訪れると思いますが、男性は?
街の中を見渡すと美容院が多いですね。たぶん、美容院に行ってる方が多いのでしょう。編集部も美容院に行ってますので。ここしばらく切ってませんが(笑)
美容院は増えているのですが、理髪店いわゆる床屋さんのお店の数が減少傾向にあるらしいです。

そんな中、立川で粋なバーバーショップがオープンしたと聞いて伺ってきました。立川南口から諏訪神社方面へ、ラーメン二郎の向かい。
赤青白の3色ではなくモノトーンのサインポールが回ってます。

kingsman20200215-DSC_6444

こちらが2月にオープンした

「KINGSMAN TOKYO 立川店」今、流行のバーバーショップ。

夜に行くとカウンター席にボトルが並び、「あれっ?ここはBAR?ここ床屋さんですよね?」

kingsman20200215-DSC_6442

HIP-HOPが流れる店内、バーテンダーのような雰囲気のスタッフがカウンター奥に。

立川新聞
こんばんは。お酒が呑める理髪店が出来たと聞いて来てみたんですけど。

kingsman20200213-DSC_6422

はい!バーカウンターでお酒も用意してますので。よかったらどうぞと店長の植松さん。
編集部は京都のLUCKYDOGというビールを注文し、お話を伺うことに。

kingsman20200215-DSC_6439

立川新聞
お洒落なお店ですね。理容室とは思えないお店でびっくりですよ。

植松さん
ありがとうございます。1号店を多摩センターにオープンしてから4年、男性に特化したバーバーショップとして根付き、今年2月に立川に新店舗をオープンすることになりました。
多摩地区では初、お酒も飲めるカウンターがあるので、カット後にはリラックスしていただければいいですね。

kingsman20200213-DSC_6423

立川新聞
こういうお洒落なバーバースタイルが流行っているとか。

植松さん
そうですね。昔ながらの床屋さんとは違い、

男らしく、ファッションにあわせて髪や髭も整える、0mmに近いところからする刈り上げ「『フェード』や「サイドパート」と言われる新しい七三分けなど。

若い子にもお洒落な年配の方もぜひ試してほしいですね。

立川新聞
たしかに美容院では体験できないのが刈り上げですよね。何度も何度も鋏が行き来するのが気持ちいですよ。

kingsman20200226-DSC_6876

ここで編集部がモデルとなって実際カットを体験すれば伝わりやすいのですが、いつもニット帽で髪のセットをごまかしているような編集部がモデルでは・・・
編集部が体験でバーバースタイルをお届け出来ないので、今回はイベントで植松さんがカットする様子です。

kingsman87036682_622782331628358_8023283880008089600_n

爽やか!

男らしい!

もう少し暖かくなったらバーバースタイルに挑戦してみようかなと真剣に思う編集部。

kingsman87035803_188830915675126_9011005566427856896_n

カットしていただいた後は、KINGSMANオリジナルのポマード&ジェルで決めのテクニックも教わり、普段のセットの参考にしちゃいましょ。

kingsman20200226-DSC_6879

もうすぐ春、新年度に向けイメージチェンジするにはいい季節になります。
男性の皆さん、昔ながらの床屋文化を令和時代にマッチしたバーバーショップで、お洒落に変身してみてはいかがでしょうか。

kingsman20200215-DSC_6446

KINGSMAN TOKYO 立川店 

住所:立川市柴崎町2-4-9
営業時間
平日:11:00~22:00(最終受付21:00)
土曜・日曜・祝日:09:00~20:00(最終受付19:00)
定休日:月曜

Share (facebook)