立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

#立川エール飯/古くからテイクアウト、いや「持ち帰り」が定着している精肉店へ行ってきました。

tachikawayell202004taratta_yell4_title-1

困難に直面している飲食店を応援するために全国で実践されている#エール飯!

立川でも地域メディアや一部の市民グループがいち早く取り上げ、編集部もテイクアウト、デリバリーが出来るお店マップを作成したりと応援団体の一つとして活動してきました。

立川市と立川商店街連合会が「#立川エール飯」について告知があり、正式にスタートするとリリースがありました。

そこで編集部はテイクアウトのなりたちについて振り返ってみることにしました。
いまでは多くのお店がテイクアウトをはじめてますが、古くからテイクアウト、いや「持ち帰り」が定着しているのが惣菜店ではないでしょうか。
最近では少なくなりましたが、商店街にあった魚屋さん、精肉店の惣菜。
有名なのが吉祥寺の精肉店佐藤のメンチ。行列しても並んで食べたくなる熱々のメンチ。
いやぁーあのメンチ旨いんすよねぇ。

そこで、今回テイクアウト=持ち帰りのルーツといううべきお惣菜コロッケをもとめ、立川市内のお肉屋さんへ。

最初に立川食べ歩き隊のメンバーからおすすめされたお店、エルロード商店街の「ふかや精肉店」へ。
立川食べ歩き隊は「#立川エール飯」のSNS投稿を早くからはじめている団体で、おいしいものが好き、飲むのが好き、立川の飲食店に詳しいメンバーが多数揃っています。

meettakeout20200416-DSC_7989

創業50年以上の老舗精肉店。国産のお肉が自慢のお店で専門店ならではの品揃え。
可能11時から13時、17時~19時の間にからあげやコロッケ等、注文してから揚げてくれます。

meettakeout20200416-DSC_7999

揚げてもらった特性コロッケ105円は外がカリッとして、中のジャガイモはよーくつぶした食感、マッシュポテトのよう。
うまかったな~

meettakeout20200416-DSC_8004


ふかや精肉店

住所:立川市若葉町1-12-4
TEL:042-536-4129
定休日:水曜日
営業時間 8:30~19:30


次は玉川上水駅近く柏町団地そばの「ミート渡辺」へ。

「はい、いらっしゃいー、何でも聞いてね!」と店主が声をかけてくれます。
創業から48年、お客さん一筋で続けてきたお肉屋さんです。
編集部が取材中にもお客さんが来て「今日は餃子つくりたいんだけど?」
「よろこんで!」料理の相談もうける店主。

meettakeout20200417-DSC_8011

揚げ物とサラダ類の惣菜は午前中には揃うようにしているそうです。一人なものでなかなか…と店主。これだけあれば十分ですよと、牛肉コロッケ100円とメンチを持ち帰る編集部。
と編集部。
tachikawayell20200417-DSC_8009

コロッケはうすく下味の色がついたじゃがいもで、ちょうどよい厚さのコロッケでした。

meettakeout20200417-DSC_8100


 ミート渡辺

住所:立川市柏町4丁目54−2
TEL:042-536-4885


次に向かったのが西武拝島線、武蔵砂川のそば。
砂川町の「富士ミート」へ。
お店にはひっきりなしにお客さんが訪れ、大盛況です。
じつは富士ミートさんの営業は金曜日、土曜日だけということも影響があるのでしょう。

tachikawayell20200417-DSC_8051

そして、人気の秘密が惣菜の種類が豊富でしかも安い!
ガパオライスが298円、お店の人に強く勧められた牛タンシチューが480円など、どんどん調理された惣菜が登場してきます。

meettakeout20200417-DSC_8043

牛タンシチューに未練を残しつつ…ミートコロッケ85円と唐揚げをいただきました。

meettakeout20200417-DSC_8039

おいもにはさまれた牛肉がアクセントになり、おいしいコロッケ。しかも安い。
営業が週末だけというのが…次の週末が楽しみになります。

meettakeout20200417-DSC_8105


 富士ミート

住所:立川市砂川町3丁目45−3
TELL: 042-535-5384
営業時間:9:00~18:30
営業日:金・土


今度のお店は栄町の吉沢精肉店へ。
立川通りから昭和一高の手前、江の島道沿いのお店。

meettakeout20200417-DSC_8091

お話を伺いましたが、ここのお惣菜の人気はメンチ、唐揚げ、コロッケだそうです。
この日は安部首相が10万円給付の会見を行った翌日ということもあり、午前中にお惣菜が売れ、残り少なくいなってました。

meettakeout20200417-DSC_8097

肉厚なコロッケ130円は玉葱がの存在が感じられ、手作り感満載のコロッケでした。

meettakeout20200417-DSC_8106


 吉沢精肉店

住所:立川市栄町5丁目37−5
TELL:042-536-3408
営業時間:9:00~18:30
定休日:水・木・日


最後の精肉店は立川の中心部、シネマ通り沿いの肉のそのべ「園部肉店」へ。

tachikawayell20200417-DSC_8123

じつは園部さんのコロッケは立川が舞台の「聖おにいさん」中で、美味しそうなコロッケを発見してアツアツを食べながら家路に着くというシーンに登場するコロッケなんです。

お肉のはもちろん新鮮で13時30分から、揚げたてを食べて欲しいということで、揚げ物は16時から。
電話でも予約できるのは嬉しいですよね。この日も先に揚げものを注文し、用事の帰りに立ち寄って受け取る、という光景がちらほらと。

meettakeout20200417-DSC_8115

おすすめは手作りコロッケ80円と唐揚げ。注文してから揚げてくれるのが嬉しいですよね。

tachikawayell20200417-DSC_8140

立川新聞です~とご挨拶し、持ち帰りの取材をしているんですよとご挨拶したところ、お店の中から店主が出てきてくれました。
とっても気さくで笑顔が素敵な店主。
最近スマホをはじめてたんでね、SNSの話や、立川の話も。

tachikawayell20200417-DSC_8139

コロッケはジャガイモと玉ねぎのシンプルな手作りコロッケ。唐揚げはできたてはもちろん、さめてもおいしくお弁当のおかずにもってこいの一品です。

meettakeout20200417-DSC_8152


 園部肉店(有)

住所:立川市曙町2丁目28−16
TELL:042-522-2901
営業時間:13時30分~19時30分
定休日:土曜・日曜・祝日


お肉屋さんのテイクアウトいかがだってでしょうか。
精肉店は団地のそばの立地が多く、街づくりの観点からも歴史をかんじました。
非常事態宣言のなか、精肉店でもビニールで店内と外を遮断したり、レジを外においてソーシャルディスタンスの確保をしたりと工夫されてました。
不要不急の外出を控え、買いもの以外の外出を自粛しているなか、予約の電話も利用したり、十分注意してお肉屋さんの惣菜を利用してみるのはいかがでしょうか。

「#立川エール飯」立川周辺でテイクアウト&デリバリー出来るお店MAPにも登録してますので、こちらも参考にしてみてください。

文・写真:Yuji Toda
立川新聞編集長/カメラマン
https://www.yujitoda.com/

Share (facebook)

立川マップ

立川新聞内で特集された情報を紹介しています。