立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

懐かしい洋食の数々がリーズナブルなお値段で!立川の老舗洋食屋さん「にゅうとん」

大人のオムライス? どこが大人なのか?

そんな謎をつきとめに立川の老舗の洋食屋さんへ。

ありましたありました。大人のオムライスの看板。

アダルトオムライス18才以上?

看板自体がほんとアダルトって雰囲気を醸し出して、洒落が効いてますな~

場所は立川通りの陸橋そば。

立川で43年!老舗洋食屋の「にゅうとん」さん。

メニュ―の看板も歴史を感じますね。

ランチタイムの遅めの時間の取材だったので、オーナーシェフの斎藤さんにお話を伺う事ができました。編集部が想像するコックさんのイメージにドンピシャの斎藤さん(笑)

立川新聞
立川で40年以上も営業されてるお店ってなかなかないですよね?(立川の老舗のお店を紹介できるのが嬉しい編集部) 最初からこちらのお店だったんですか?

斎藤シェフ
今のお店は20年ちょっとかな。その前はシネマ通りの近くに10年、センタービルが建つ前の場所に10年。最初はとんかつ屋だったんだよ。

立川新聞
とんかつ屋さんだったんですか?にゅうとんさんの「とん」って「とんかつ」「とん」?

斎藤シェフ
そうそう。最初はとんかつ中心だったからお店の名前も「○○とん」で考えて、新しい豚で「にゅうとん」にしたんだよ。「わしんとん」とかも候補だったなぁ(笑)

立川新聞
わしんとん?さすがしゃれが効いてますね。その頃はとんかつ以外も作っていたんですか?

斎藤シェフ
赤坂の「津つ井」で修行してたから、そこで提供していたメニューだね。赤坂の津つ井の味をリーズナブルに提供してお客さんに喜んでもらえたらと。おすすめのメニューは「カニクリームコロッケ」だね。

ということで編集部は斎藤シェフおススメの「カニクリームコロッケ」と「大人のオムライス」を注文。

どうですか!この見事な俵型の「カニクリームコロッケ」

わ――――い!テンションあがる―――!

サクッ!

わってみるとアツアツのベシャメルとカニの絶妙なクリーム!

おいしぃ――― くせになりそう。

赤坂の「津つ井」さんはたらばを使っているそうですがにゅとんさんはズワイガニを使ってるそうです。

お次は「大人のオムライス」

こちらもあつあつで湯気がほんわり~

大人のオムライスはライスがデミグラスソースの味付けでケチャップがかかっているんです。中にはゴロッとビーフも入っていて具だくさん。デミグラスの味が絶妙でコクと苦みが大人なんですね。きっと。

そしてそしてただでさえお得なのにランチタイムは驚きのメニュー!

20種類以上のメニューから2品選べるランチが750円!編集部はこちらのハンバーグとカニクリームコロッケのランチをいただきました。

どれを食べても懐かしい洋食屋さんの味!今は息子さんもシェフで活躍して、たまにお孫さんも手伝いに来るとか。親子3代。そんな「にゅうとん」さんに大満足の編集部でした。

洋食屋 にゅうとん

TEL:042-522-3921
営業時間:[月~土]
ランチ:11:30~14:00(L.O.)
ディナー:17:00~22:00(L.O.)
定休日:日曜
住所:立川市曙町3-2-1

Share (facebook)