立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川北口のキュートで、ちょっとパンクなパン屋さん「シンボパン」

今日の取材するお店は

立川駅の北口から5分くらい歩いたところにあるシンボパン

以前、取材したH.worksさんの食器を使っているというので

「いいとも!」つながりで取材してきました。

曙橋の交差点からグランドホテル方面へ。

静かな小道に入っていったところ。

パンと喫茶のお店です。

もともとはおじいさんから続く自転車屋さんがあった場所です。

自転車屋さんの看板。

面影も残ってるんですね~

お店のわきには自転車が。

修理いたします

?えっ

今でもパンクなどの修理を引き続きやっていただけるですって。

あとでシンボさんに聞いたのですが

おじいさんから続く自転車屋さんは「あなたの街のふれあいの店」

という、キャッチコピーのようなものが、あったそうです。

その言葉のとおりに、近所のひとや、自転車がスキなひと、そのまた友達のひと

たくさんのひとがあつまる場所だっそうです。

それでシンボさんも、

そういうたくさんの人が集まるお店にしたくって

パン屋さんをはじめたそうですよ。

なんて素敵なストーリーなんでしょう

それでは

店内に入りましょう!

お店の扉のロゴマーク。なんとなく親しみを感じます。

入口よこのウインドーには「パンごはん」

シンボパンさんの店内は白をベースに、インテリアが独特!

原宿の洋服屋さんのような感じです

テーブルも

イスも

照明も

聞いてみると立川のMAGMAさんの作品だそうです。

かなりインパクトがありますね~

それでは編集部もカウンターに座って注文することに

お店に並ぶパンは約30種類くらいだそうです。

色々な種類を少しずつ作るそうで、

焼き立てが楽しめるのもうれしい~

もちろんイートインも出来ますよ。

いやぁ~これが。

ドリンクメニューが

かわいい

そういえば気になるロゴが

メニューにあります。

おかっぱのような~

そして店内のあちらこちらに

カウンターにも

店内の壁にも

そう!

シンボさんのヘアースタイルなんです。

それをロゴにしたんですね~

以前、修行していたパン屋さんの常連さんで

グラフィックデザイナーの方が作ってくれんたんですって。

それではシンボさんに聞いてみました。

立川新聞
パン屋さんをはじめたきっかけを教えていただけますか?

シンボさん
う~ん。

特にないんですけど…自然と。

おじいさんの代からの自転車やさんのように

自分のことでは当たり前で、人が集まる場所を作りたくて。

パン屋さんで10年くらい修行して、それで好きなことを、そのまま続けてって感じです。

立川新聞
この前もゲーム大会で人がいっぱいでしたね

シンボさん
そう、いろんなことを。展覧会やライブもお店でしたりしてますよ。
好きと思うものが似ている人とのコラボは楽しいですし
そうやって人が集まるお店になればいいかなぁーって

立川新聞
それではパンについて少し教えてください。
おすすめはなんでしょう?


プレーンドーナツ120円 シナモン130円

シンボさん
おすすめって~全部です

その時、その時によってお客さんの食べたいパンをおススメしますよ


チーズのフランスパン200円 オリーブパン160円

こだわりは毎日食べたくなったり

一日に何度でも食べてもらえるようなパンを作ってます


やまの食パン230円

ジャムをたいたりとかすべて手作りで。

パンを作るときは1秒でも時間を間違えると失敗するので集中して作ってます。

立川新聞
実際インタビュー中も奥にこもってる時があり
お店をする以上、おいしいパンを作るのは当たり前って、
サラりと言ってました。

また、別の日にはランチにもおじゃましスペシャルセットを注文。

お料理、スープ、サラダ、デザートがセットのランチ。

パンのおかわりが自由なんですよ。

パン好きにはたまらないですね~

シンボパンさんはイベントへの出店など声がかかることも多く
取材の日もケータリング用のパンのお皿を作ってました。

今週末、立川のギャラリーSEPTIMAさんで行われるイベント『すなななフェス vol.3 ー春のあくしゅー』にも出店するそうです。

すなななフェス vol.3 ー春のあくしゅー

実際取材して思ったことはシンボサンの人柄。

「モノって人がいて出来あがっていくもの。人が作っているからその人自身だと思うし、好きなものが出来ると思うし、感覚が大事。自分が作ったものを好きになってくれれば嬉しい」とシンボさん。

立川の街のふれあいの店シンボパン

人との出会いを大切にする素敵なパン屋さんです。

シンボパン

住所:東京都立川市曙町2-21-5
TEL:042-522-6211
営業時間:7:30~18:00 11:30~15:00 (ランチ) 
定休日:日曜日 /月曜日
HP:http://www.shinbopan.com/

取材:立川新聞編集長

Share (facebook)