立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川の老舗ステーキハウスTEXAS(テキサス)が惜しまれつつ…40年以上の営業に幕を下ろします。

texas20200804-R0080027

昭和52年に開業したステーキハウスTEXAS(テキサス)

ここはアメリカ南部?カントリーソングが流れ、ウエスタンな雰囲気の店内で、ステーキが食べれるお店として根強い人気のお店、それがテキサス。
やはりコロナの影響でしょうか…

8月10日で43年の歴史に幕を下ろします。

編集部もよくかよったお店でしたので・・・お店があるうちに、テキサスのステーキを食べたい!

texas20200804-R0080013

テキサスLOSSなのでしょうか。

店内は満席で、最後にテキサスのお肉を食べに来る人が次々と来て、行列ができてました。

texas20200804-R0080012

タンガリーシャツにエプロンをしたキッチン担当とホール担当のいつもどおりのお二人が迎えてくれます。
ただいつもと違いちょっと忙しそうで…

texas20200804-L1091274

お待たせしました。
スチールのマグカップにアメリカンコーヒー。

今日はオープンから60組ぐらい来ていてね。お肉がなくなりそうだよ。

とマスター。
お店を閉めると聞いて、お客さんで繁盛しているのは、根強いファンが多いということ。
通ったお店がなくなる、とても寂しいし、オンリーワンの味がもう食べれなくなる・・・
ただ、飲食店の状況がこうなることはある程度予測できたことなので、何か出来なかったのかと複雑な心境です。

texas20200804-R0080019

いろいろ考えるところはありますが・・・

テキサスと言えばこれ!コーンサラダ。

コーンにトマト、キュウリがタバスコベースの自家製ドレッシングと和えた逸品。
なんといってもビールにあうんです!

南口のテンガロンやウイッシュボーンもコーンサラダを提供してますが、ルーツはこれかなと。

texas20200804-R0080017

ステーキはカットして塩こしょう、パンパンパンと、ハンバーグはその場でかたちをつくります。
レア?ミディアム?ウェルダン? 
鉄板でステーキやハンバーグを絶妙の焼き加減で手際よく調理して、最後に熱々のコーンを載せた鉄板に。

texas20200804-R0080026

お待たせしました!はい、ビーフね

黙々と上がる湯気と香ばしいステーキの匂いが食欲をそそりますね。この瞬間がたまらないんですよね。

texas20200804-R0080021

テキサスのビーフステーキは塩コショウのみの味付け。
あとはお好みでステーキソースも良し、マスタードも良し。

texas20200804-R0080025

編集部はガーリックパウダーにお醤油を垂らしていただきます。和牛と違いお肉の旨みが感じられてしつこくなく、どんどんいけちゃいます。

バターのまろやかさとガーリックのパンチにお醤油がライスにあうんですよ。

texas20200804-L1091272

ハンバーグもオリジナルのデミグラスソース?がオンリーワンの味で人気メニュー。
ランチはステーキが1500円、ハンバーグが1000円とかなりコスパがいいんです。

他にもシンプルなフレンチドレッシングが絶品のグリーンサラダ、自家製チョリソーもオススメです。

texas20200611-L1090725

テキサスといえば9日、19日、29日、毎月9のつく日はサーロインステーキが割引になるのですが、連日多くのお客さんが訪れているので、仕入れの状況次第では料理が出せなくなってしまうかもとマスターが言ってました。
テキサスのお肉を食べるには、早めに来店するのが安全かもしれません。

ホール担当のマスターはここで引退するそうですが、キッチンのマスターは国立店で続けるとお聞きしました。
テキサス立川店は幕を閉じますが、国立のテキサスは営業とのこと。
テキサスのステーキ、ハンバーグを食べたくなったら国立のテキサスにいきましょう!

「リーン、リーン」と電話のベルが。テキサス立川店の黒電話はまだ現役でした。

texasL1091275

テキサス 立川店

住所:立川市曙町2丁目17−5
phone:042-522-6214
営業時間:11時30分〜21時

文・写真:Yuji Toda
立川新聞編集長/カメラマン
https://www.yujitoda.com/

立川グルメ記事はこちら

Share (facebook)

立川マップ

立川新聞内で特集された情報を紹介しています。