立川新聞は東京立川の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

立川を元気にする!プロジェクト「TXT」。立川シェアオフィステクストが立川南口にオープン!

GWも明け徐々に仕事モードの立川新聞編集部。

今日の取材は

立川を元気に!のコンセプトでオープンした「TXT」立川シェアオフィステクスト

立川ではシェアハウスの物件自体がまだまだめずらしい。なおさらオフィスは数えるほど。

立川南口徒歩5分の「TXT」立川シェアオフィステクストにさっそくおじゃましてきました。

4月11日にオープンし、現在内覧会中。

いったいどんなシェアオフィスなのか?

それでは「失礼しま~す」

わっ~~~IKEAのショールーム?

そんな感じのする空間。

午前中に取材したのですが

窓が多くて日差しが心地いい~~

室内は白と打ちっぱなしの壁と木のぬくもり。

シンプルな雰囲気。

ここで働く人が際立つんだろうな~

そんなインプレッションを感じました。

「TXT」のコンセプト。それは立川を魅力ある街にしていこう!

立川を盛り上げていく立川新聞としてもとても気になりますね~

すでにスタッフの方が広~~いテーブルでミーティングをしていました。

「TXT」は株式会社タウンキッチンと株式会社まちづくり立川さんのコラボレーションによるシェアオフィス。

今回の取材のやり取りをしていただいたタウンキッチンの國廣さんにお話しを伺いました。

立川新聞

あの~こんにちは~

タウンキッチン國廣さん

立川新聞さんよろしくお願いします。

立川新聞
立川でもシェアオフィスが出来るってうれしいです。どんな方が集まるんでしょうか?

タウンキッチン國廣さん
「TXT」「編む」を語源とするtextと、「T」を頭文字にする様々な言葉の掛け算という
二つの意味が込められています。ここ立川を拠点に、互いの得意分野を掛け合わせたコラボレーションで立川発の事業が育ってほしいですね~

タウンキッチン國廣さん
「TXT」の由来や言葉の掛け合わせには3つあるんです。ひとつが

Tachikawa × Tokyo

「立川(Tachikawa)×東京(Tokyo)」の頭文字を取ってるんですね。立川は東京にもアクセスしやすく、商業施設やオフィスが集積するだけでなく、国の機関が多数存在する多摩地域の中核都市。「TXT」には立川・多摩を中心とした行政、金融機関、地元企業など様々なネットワークがあり、立川の街に特化したシェアオフィスになっています。

立川新聞
なるほど。。。
立川の「T」と東京の「T」なんですね。
ちなみに私の頭文字も「T」なんですよ? おいっ!・・・・・

タウンキッチン國廣さん
あっそうなんですね・・・

もうひとつが

Terrace × Table

タウンキッチン國廣さん

「TXT」はパーテーションで区切られたスペースではなく交流しやすい環境なんです。広々した屋外テラス(Terrace)と木素材の大きなセンターテーブル(Table)やミーティングスペースがあって、1人から6人までの事業者が、様々なシチュエーションでご利用いただけるんですよ。

ミーティングルームも日差しが気持よくていい感じ

立川新聞
気分転換にはテラスは最高ですね~
自分はテラスが指定席になりそうで・・・

タウンキッチン國廣さん
(笑)
そして最後に

Town × Talent

まち(town)の中にそれぞれ才能(talent}や得意分野を持たれた方が、ここ「TXT」でお互いに成長ししあいながら入居者同士の交流や、コラボレーションでまちを盛り上げていけたらな~とそんな意味が込められてるんです。まちづくり立川さんをはじめ、金融機関、商店会、周辺施設など、「立川=まち」とのコラボレーションを通じた事業展開のチャンスが広がっていますよ。

立川新聞
オフィスの入り口に情報誌がいろいろありましたね。
若い人や創業まもない人にはこういううネットワークや情報ってありがたいですよね。
立川発の事業が発展して、まちが盛り上げっていければ最高ですよね。この部分はまちづくり立川さんの分野ですか?

まちづくり立川の藤原さん

そうですね。まちづくり立川はこの「TXT」をタウンキッチンさんと共同で運営していくんです。

まちづくり立川の藤原さん
まちづくり立川は「立川の活性化」をしようと南口商店街さんや商店主さんと立ち上げて、立川エリア価値を高め、地域の活性化につながる事業を展開してます。
その第一弾が「のーかる」という立川の農産物直売所と「TXT」なんです。

立川新聞
「のーかる」さん知ってます!今度ぜひおじゃまします!

まちづくり立川の藤原さん
ぜひ来てくださいね!

立川新聞
まちづくり立川さんとのコラボレーションでタウンキッチンさんの役割ってどんな感じなんでしょう?
地域密着新聞の某編集長も話題にしていましたが、いろいろメディアに取り上げてるんですよね?

タウンキッチン西山さん
今、タウンキッチンでやらせて頂いている取り組みをご紹介させていただくと、JR東小金井の高架下でSOHOインキュベーション「KO-TO」を運営してまして、地域資源やネットワークを活用し、これからの社会に必要な事業を創造していく新しいビジネスの拠点を目指してるんです。フリーランスとか法人格を持たれても少人数の企業さんとかは、取引先を通じてコミュニケーションをしていても、同じ事業ステージとか同じ興味関心とかを持っている方となかなか出会う機会が少なくて、この「TXT」で繋がりとか信頼関係が生まれて成長できるのが大きいのかな~と。

立川新聞
中央線のエリアマガジン「ののわ」にもタウンキッチンさんが紹介されてますよね。
※「ののわ」は中央線の三鷹~立川間の「緑×人×街 つながる」小冊子です。

タウンキッチン西山さん
そうですね。もともとは学童保育のお弁当から始まっているんですが、この春から一ツ橋学園で「シェアキッチン」をはじめたり、多摩エリアで面白くしていく人達を増やしていくプラットフォームがタウンキッチンなんです。

立川新聞
うちも「TXT」に入居しようかな~
でも若い創業者ではないですが・・・

「TXT」立川シェアオフィステクストはブースとフリーの2パターン

24時間365日利用出来るのが嬉しい!

それぞれWifiや給湯室、エアコン完備。

オフィスブースは机、椅子、キャビネットを備えた2名から4名までのスペース。

オフィスブースは法人登記もできますよ。

フリースペースは15000円から。

オプションを利用すればフリーでも登記ができるそうです。
これはさっそく面談してもらいましょう!

詳しいご利用プランはこちらから

立川新聞も真剣に考えます。

立川発のビジネスプラットフォーム

立川のエリア価値を高める

「TXT」を通じてタウンキッチンさん、まちづくり立川さんの想いに共感した立川新聞でした。

立川シェアオフィスTXT

〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4 サニーハイツ303
事業主:岩下商事株式会社、企画運営:株式会社タウンキッチン

「TXT」のホームページはこちら

Share (facebook)